野坂昭如エッセイ・コレクション 3 ─ポルノグラファー

野坂 昭如 著 , 大庭 萱朗 編集

「オナニスト」との異名をとった野坂の性の思索と実践。「四畳半」裁判の顛末記と性的自叙伝。覗き見るエロの誘惑。
【解説: 岩井志麻子 】

野坂昭如エッセイ・コレクション 3 ─ポルノグラファー
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 定価:本体820円+税
  • Cコード:0195
  • 整理番号:の-1-4
  • 刊行日: 2004/09/08
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:368
  • ISBN:4-480-03977-5
  • JANコード:9784480039774

この本の内容

処女作の『エロ事師たち』というタイトル(英訳版は“ポルノグラファーズ”!)が示す通り、野坂昭如の作品に性(と死)は欠かせない。このふたつに直面したとき、裸の人間の哀しくも可笑しい姿が現れる。第3巻では、「オナニスト」との異名をとった野坂の性の思索者/実践者ぶりに焦点を当て、「四畳半」裁判の顛末や猥褻論、性的自叙伝などをセレクトした。

この本の目次

1 猥褻を語る(ポーノトピア
猥褻記)
2 「四畳半」戦記(「四畳半襖の下張」は猥褻にあらず
四畳半裁判の被告席 ほか)
3 書くことのエロス(新戯作論
わが内なるマゾ ほか)
4 性と死の自叙伝(元祖色メガネ「廃業」の自分史
懴悔の巻 ほか)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可