井伏鱒二文集 1 ─思い出の人々

井伏 鱒二 著 , 東郷 克美 編集

名手の秀作を四巻に編む待望のテーマ別選集。逍遥・菊池寛・小林秀雄・三好達治・太宰・安吾・上林暁等の面影が、温雅な筆に鮮烈に浮かび上る。

井伏鱒二文集 1 ─思い出の人々
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 定価:本体1,100円+税
  • Cコード:0195
  • 整理番号:い-51-1
  • 刊行日: 2004/09/08
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:336
  • ISBN:4-480-03981-3
  • JANコード:9784480039811

この本の内容

「芸術の道は遠い。涯しがないかのごとくである。」50年にわたり火花をちらした己の努力をかえりみて、しんみり教えを垂れる師・坪内逍遙、映画の悲しい場面になると、ハンカチで顔を覆って泣きくずれた中島健蔵が、猛者で鳴らした将校の首をつかんで叱りつけた姿、太宰治の最初の妻小山初代の遺品である琴に映じた人影を描く名品「琴の記」、さらに鴎外・白鳥・岩野泡鳴・小林秀雄・大山名人・上林暁・小沼丹等の面影が、温雅な筆に鮮やかに浮かび上がる。

この本の目次

鯉(随筆)
坪田譲治
追憶の岩野泡鳴氏―泡鳴忌に際して
森鴎外氏に詫びる件
書画骨董の災難
喪章のついている心懐
坪内逍遙先生
肩車
岩田君のクロ
中島健蔵氏のこと〔ほか〕

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可