ふしぎなことば ことばのふしぎ

池上 嘉彦

「ことば」はふしぎなもの? あまり「ふしぎ」という感じはしませんね。でも、私たちのまわりにはことばのふしぎな世界がいっぱいあるのです。

ふしぎなことば ことばのふしぎ
  • シリーズ:シリーズ・全集
  • 定価:本体1,200円+税
  • Cコード:0080
  • 整理番号:
  • 刊行日: 1987/05/25
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:B6判
  • ページ数:240
  • ISBN:4-480-04106-0
  • JANコード:9784480041067
池上 嘉彦
池上 嘉彦

イケガミ ヨシヒコ

1934年京都生まれ。東京大学文学部人文科学研究科(英語英文学専攻)修了。フルブライト留学生として、イエール大学で言語学博士号取得。フンボルト財団研究員としてハンブルク大学、Longman Research Scholarとしてロンドン大学で研究。現在、昭和女子大学大学院文学研究科教授、東京大学名誉教授。ミュンヘン、インディアナ、ロンドン、チュービンゲンの各大学、北京日本学研究センターなどで教授経験。Longman英英辞典、英和辞典の編集に校閲者として参与。著書に『意味論』『「する」と「なる」の言語学』(大修館書店)、『記号論への招待』(岩波書店)など。

この本の内容

子どもの詩や広告コピーを使ってやさしくひもとくことばのふしぎ。ふだんは内容ばかりが気になっていることばも、ふとしたきっかけでふしぎなすがたを現してくる。

この本の目次

第1部 ことばってふしぎ?(ことばの始まり
擬声語と擬態語
絵文字と文字
かくし絵のようなことば
なぜ「辞書」は「ひく」のでしょう)
第2部 詩のことばから子どものことばまで―お母さんのためにも(ことばの力
いろいろなことば
伝えることばと創り出すことば
子どものことば、大人のことば
「語形」と「語の意味」
大人のことばへの異議申し立て)

読者の感想

2008.4.27 坂井裕美

私は、塾の宿題でこれを買って読んできてくださいといわれ、最初はいやだな~と思っていましたが読んだときとても面白かったです。

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可