百年前の二十世紀 ─明治・大正の未来予測

横田 順彌

二十世紀が始まったばかりの頃、未来予測や未来小説が流行した。明治・大正を生きた人々は、来たるべき未来に対し、どのようなイメージを抱いていたのだろうか。

百年前の二十世紀 ─明治・大正の未来予測
  • シリーズ:シリーズ・全集
  • 定価:本体1,068円+税
  • Cコード:8321
  • 整理番号:
  • 刊行日: 1994/11/22
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:B6判
  • ページ数:208
  • ISBN:4-480-04186-9
  • JANコード:9784480041869

この本の内容

今から百年前、二十世紀が始まったばかりの頃、未来予測や未来小説が流行した。予測は、科学技術、日常生活、社会・環境など多岐にわたり、現在驚くほど的中していものも数多い反面、コンピュータのように全く予測しえなかったものもある。明治・大正を生きた人々は、来るべき「未来」に対して、どのようなイマジネーションを働かせ、ビジョンを抱いていたのだろうか。

この本の目次

1 西暦2000年未来の旅
2 未来予測の的中度―『二十世紀の予言』
3 『二十世紀の予言』は誰が書いたのか
4 その他の未来予測
5 『百年後の日本』
6 なぜ、予測は的中したか?
7 ぼくの『二十一世紀の予言』十項目

読者の感想

2009.1.25 ミッキー

よかったです。本当に書いた人が知りたいと思いました。

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可