日本絵画の女性像 ─ジェンダー美術史の視点から

池田 忍

絵画にはその時代や社会が求めるさまざまなメッセージが隠されている。平安時代から近代まで、絵画の中の女性像に焦点をあて、隠された思想や意味を読み解く。

日本絵画の女性像 ─ジェンダー美術史の視点から
  • シリーズ:シリーズ・全集
  • 定価:本体1,100円+税
  • Cコード:8371
  • 整理番号:
  • 刊行日: 1998/05/21
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:B6判
  • ページ数:216
  • ISBN:4-480-04220-2
  • JANコード:9784480042200

この本の内容

芸術作品として鑑賞されてきた日本の絵画をもう一度見なおしてみよう。美しくあるいはエロチックに描かれたたくさんの女性像がある。これら女性像はどういう状況の下で描かれたのか。平安時代から近代まで、絵画に描かれた女性像をとりあげ、時代や社会が女性に何を求めていたのか、女と男の関係はどうなっていたのか、その隠されたメッセージを読み解く。新しい美術史入門。

この本の目次

第1章 王朝絵画と女たち(ジェンダー批評と王朝絵画
「女絵」の世界―男女の交渉の場としての「女絵」 ほか)
第2章 男性文化の中の女性像(合戦絵の中の女性像
「平治物語絵巻・三条殿夜討巻」の絵と詞書 ほか)
第3章 女性像と女の鑑賞者(ジェンダーと絵の見方
「女絵」・「物語絵」と女の見方 ほか)
第4章 近代日本画の土地と女性(近代国家のイデオロギーと錦絵の中の皇后像
近代日本画を見る「眼」 ほか)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可