TV 魔法のメディア

桜井 哲夫

テレビが生んだ新しい視覚文化をめぐる論争、湾岸戦争のTV中継の深層などの分析を通して、魔法の小箱から巨大メディアに成長したテレビの二〇世紀を眺望する。

TV 魔法のメディア
  • シリーズ:ちくま新書
  • 定価:本体660円+税
  • Cコード:0236
  • 整理番号:15
  • 刊行日: 1994/11/17
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:224
  • ISBN:4-480-05615-7
  • JANコード:9784480056153

この本の内容

テレビへの恐怖と嫌悪はどこからくるのか。テレビは解放のメディアになりうるのか。テレビが生んだ新しい視覚文化をめぐるさまざまな論争、湾岸戦争のTV中継の深層などの分析を通して、「イ」の字を写し出した魔法の小箱から国境を越える巨大メディアに成長し、今またマルチメディア時代に向けて変容しようとするテレビの20世紀を眺望する。テレビの思想史の新たな試みである。

この本の目次

第1章 脅迫するテレビ―筒井康隆による「テレビ地獄めぐり」
第2章 テレビ小史―誕生から発展まで
第3章 メドゥーサの箱―20世紀思想史のなかのテレビ
第4章 テレビ・バッシング1―1950‐60年代
第5章 テレビ・バッシング2―1970年代以降
第6章 触覚的メディアの現実―テレビ的日常性の構造
第7章 ゆらぐ「現実」のなかで―ボードリヤールと湾岸戦争

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可