日本人とイギリス ─「問いかけ」の軌跡

今井 宏

小さな島国イギリスが世界の覇者になりえたのはなぜか――日英交流四〇〇年の歴史から、幕末・明治期を中心に、日本人がイギリスに問いかけてきたものを探る。

日本人とイギリス ─「問いかけ」の軌跡
  • シリーズ:ちくま新書
  • 定価:本体660円+税
  • Cコード:0221
  • 整理番号:19
  • 刊行日: 1994/12/15
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:224
  • ISBN:4-480-05619-X
  • JANコード:9784480056191

この本の内容

日本と同様の小さな島国であるイギリスが、なぜ世界の覇者になり得たのか。その秘密を探りだし学びさえすれば、いつか日本も追いつくことができる―。幕末以来、イギリスは学ぶべき模範、追いつくべき標的であり続けた。その間、日本人はイギリスに、何をどのように問いかけてきたのだろうか。ウィリアム・アダムズの漂着から400年、なかでも幕末開国期から明治期を中心に、文化接触の問題に焦点を合わせて、日英交流の歴史をたどる。

この本の目次

第1章 日英関係のはじまり―アダムズと平戸
第2章 鎖国下のイギリス情報―『和蘭風説書』
第3章 追りくるイギリス―英学の誕生
第4章 禁制を犯した留学生―長州、薩摩そして幕府
第5章 「岩倉使節団」のみたイギリス―「甚タ親切ナラス」
第6章 「お雇い外国人」に負うもの―ジェントルマンの移植
第7章 議会政治への接近―「一種無類の制度」
第8章 明治時代のイギリス史理解―「歴史を学ぶにしかず」
第9章 夏目漱石の憂鬱―「私は英吉利を好かない」

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可