英文法の核心

山崎 紀美子

論理をきちんと整理すれば、英文法はとても面白い! 文法最難関の仮定法も、本書はすっきり明快に説明してみせる。頭をクリアーにするための極めつきの入門書。

英文法の核心
  • シリーズ:ちくま新書
  • 定価:本体680円+税
  • Cコード:0282
  • 整理番号:114
  • 刊行日: 1997/06/19
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:208
  • ISBN:4-480-05714-5
  • JANコード:9784480057143
山崎 紀美子
山崎 紀美子

ヤマザキ キミコ

1947年東京生まれ。小学6年からラジオ「基礎英語」を始め、国内学習だけで高校在学中に英検1級合格。東京外国語大学ロシア語学科修士課程修了後、モスクワ大学、ブルガリア科学アカデミーに留学。帰国後、東京外大講師を経て、現在、英語・ロシア語・ブルガリア語の通訳・翻訳・教育と多方面に活躍中。特に初級者向けの外国語教育に深い関心を持つ。著書に『英文法の核心』『日本語基礎講座』(ともにちくま新書)、『スペリングと発音のしくみがわかる本』(研究社)、『ロシア語の構文』『現代ブルガリア語』(ともにくろしお出版)など。

この本の内容

「英文法」がややこしいのは、説明の仕方が不正確だからである。論理をきちんと整理すれば、とても面白くすごく役に立つ!そのためにはまず、動詞のカテゴリー(スタイル・ムード、テンス・アスペクト、ヴォイス)をきちんと定義し、語形と語法を混同しないこと。これが条件である。構えができればあとは簡単。文法最難関の仮定法も、本書はすっきり明快に説明してみせる。頭をクリアーにするための極めつきの入門書。

この本の目次

序章 英文法の基本―動詞の活用
1 命令法は幅広い―命令法の新定義
2 現在って、いつのこと?―定言現在
3 過去にもいろいろある―定言過去
4 助動詞は過去でも今の気持ち―概言の助動詞
5 仮定法はむつかしくない―条件文と帰結文
6 「未来」があるとすれば―不定法

読者の感想

2011.6.28 raijin-kundo

とても参考になり生徒指導で役立てている。新しい切り込み方をしていて参考になる。

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可