地震とマンション

西澤 英和 著 , 円満字 洋介

阪神大震災の被災建物復旧に実績のあった著者たちが、マンションはどう壊れたのか、どこを補強すればよいのかなどをイラスト入りで解説する。マンション住民必読。

地震とマンション
  • シリーズ:ちくま新書
  • 定価:本体680円+税
  • Cコード:0252
  • 整理番号:273
  • 刊行日: 2000/12/19
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:224
  • ISBN:4-480-05873-7
  • JANコード:9784480058737

この本の内容

一九九五年の阪神・淡路大震災は、設計基準の想定を大きく上回る地震であった。そんななかで、実際には、どんな建物がどう壊れたのか。そして、同じ規模の地震でも大きな被害を受けないようにするには、どこをどう補強すればいいのか。ピロティ補強から地盤改良まで、実際に被災マンションの復旧・耐震補強に力を尽くした著者たちが、その具体的なやり方をイラスト入りで解説する。

この本の目次

第1部 阪神・淡路大震災はどんな教訓を残したのか(どんな地震だったのか?
被害の実際)
第2部 イラストで見る、復旧工事と耐震補強の実際(シミュレーション設定
“Aマンション”(ピロティ破壊)
“Bマンション”(液状化現象による杭基礎の損傷)
耐震補強のすすめ)
第3部 震災復旧の歴史が教えるもの(すでに確立している復旧技術
戦前のRC造建築はなぜ壊れなかったのか)

読者の感想

2010.3.27 水上 賢三

神戸市立中央図書館で本書と巡り会った。2030年までに超巨大地震が発生する可能性が地震専門家と専門機関から警告される今、自らの専門知識を被災住民のために提供して実際の復興にかかわった異色の学者の闘いの軌跡に感銘を受けた。

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可