反「人権」宣言

八木 秀次

世界標準の理念「人権」は無謬のものなのか。生成の歴史をたどりながら、それが生み出しつつある転倒した現実を解明し、「人権」に対抗する新たな原理を提示する。

反「人権」宣言
  • シリーズ:ちくま新書
  • 定価:本体680円+税
  • Cコード:0212
  • 整理番号:298
  • 刊行日: 2001/06/19
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:208
  • ISBN:4-480-05898-2
  • JANコード:9784480058980

この本の内容

王は神を追放し、人はその王を、「人権」の名のもとに排除した。それは「人権」が、民族や宗教、国家すらも超えた、普遍的なものであると考えられたからである。その結果、「人権」に異を唱えるだけで差別主義とされかねない空気が広がり、私たちの日常生活は様々な混乱に見舞われている。「人権」の歴史をたどりながら、それが生み出しつつある転倒した現実を解明し、新たな視点を提示する。

この本の目次

第1部 「人権」という考えはどう作られたか(「権利」はいつ生まれたか
「人権宣言」という虚構)
第2部 現代日本の「人権」状況(「人権」が無軌道な子供を作り出す
「人権」が家族の絆を脅かす
「人権」が女性を不幸にする)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可