親と子の[よのなか]科

藤原 和博 著 , 三室 一也

NHK、朝日新聞で話題沸騰の”総合学習”のための[よのなか]科が、学校での授業だけでなく親子の食卓でできるガイドブック。子供がみるみる世の中に強くなる。

親と子の[よのなか]科
  • シリーズ:ちくま新書
  • 定価:本体700円+税
  • Cコード:0237
  • 整理番号:344
  • 刊行日: 2002/05/20
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:224
  • ISBN:4-480-05944-X
  • JANコード:9784480059444
藤原 和博
藤原 和博

フジハラ カズヒロ

1955年東京生まれ。東京大学経済学部卒業後、株式会社リクルート入社。東京営業統括部長、新規事業担当部長等を歴任後、1996年同社フェローとなる。教育改革実践家。2003年より5年間、都内では義務教育初の民間校長として杉並区立和田中学校校長を務める。奈良市立一条高校・前校長。著書は『人生の教科書[よのなかのルール]』(ちくま文庫)、『10年後、君に仕事はあるのか? 未来を生きるための「雇われる力」』(ダイヤモンド社)、『坂の上の坂』(ポプラ文庫)、『45歳の教科書――戦略的「モードチェンジ」のすすめ』(PHP研究所)等多数。詳しくは「よのなかnet」〈http://www.yononaka.net〉に。

この本の内容

「学力かゆとりか」「公立か私立か」「受験か生きる力か」、教育現場の混乱が続いている。学校五日制や総合的学習の時間の導入など、教育改革論議のなかではとかく制度論が先行しがちだが、肝心の授業自体の中身については、いまだ不透明なままだ。『人生の教科書』シリーズで、子供たちが「よのなか」を学ぶ画期的な手法を編み出した著者が、ある親子の食卓での会話を例にして、日常の身近な話題から入り、物事を論理的に考えるクセをつけるための具体的な方法を提示しながら、「学力」や「生きる力」の本質に迫る。

この本の目次

第1章 お父さんの身近にいくらでもある「よのなか」科の題材―子供と一緒に考える方法序説
第2章 子供が学校で習ってきたことで父も勉強してしまう―子供と一緒に「社会」を考える
第3章 モノの値段って、どうやってきまる?―子供と一緒に「経済」を考える
第4章 商売の“ショ”の字くらいは教えておきたい―子供と一緒に「マーケティング」を考える
第5章 お父さんの通ってる“カイシャ”ってどんなとこだろう?―子供と一緒に「経営」を考える
第6章 「物事の本質を観る」チカラをつけるための「よのなか」科―子供と一緒に「先を読む力」を鍛える
終章 問いかけるチカラの復興のために―二人だけの職員会議

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可