太宰治 弱さを演じるということ

安藤 宏

もはや無頼派ではない。その文学を作家の卑下と敗北の表明でなく、他人との距離を埋めるためのパフォーマンスとして読む。「隔たりことば」の名人太宰の再発見。

太宰治 弱さを演じるということ
  • シリーズ:ちくま新書
  • 定価:本体700円+税
  • Cコード:0295
  • 整理番号:367
  • 刊行日: 2002/10/17
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:224
  • ISBN:4-480-05967-9
  • JANコード:9784480059673

この本の内容

没後既に五十年以上、なお太宰治の小説を手にする若い読者が多い。大ロングセラー作家なのだ。「青春のはしか」といわれ、だれでも一度は読まねばならぬがいつまでも読むのは未熟とさえいわれながら、いつの時代にも若い読者を引きつけてやまぬその秘密はどこにあるのか。「極端に自己を否定して、万人を楽しませよう。もし救いがあるとすれば、自分はその最後のものでなければならぬ。これが彼の倫理なのです」という評に代表される従来の太宰像を、ことばで人間関係を作りなおす方法の体現者と読み替える斬新な試み。

この本の目次

第1章 なぜ「太宰治」なのか
第2章 メタ・メッセージの希求
第3章 「太宰治」の誕生
第4章 「ナンセンス」の美学
第5章 ことばで距離を創るということ
第6章 「心中」の論理
第7章 「女類」とは何か

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可