学者の値打ち

鷲田 小彌太

「役に立つ」「信頼できる」学者は誰か? 著書で見る学者の実力の見わけ方から、ちょっと生臭い「アカデミズムの論理」まで。有名学者の「値打ち」採点表付き。

学者の値打ち
  • シリーズ:ちくま新書
  • 定価:本体720円+税
  • Cコード:0200
  • 整理番号:480
  • 刊行日: 2004/07/05
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:240
  • ISBN:4-480-06180-0
  • JANコード:9784480061805

この本の内容

専門家でない一般人が、知識と教養を手に入れようというのなら、やはり学者を頼りにするしかない。しかし、学者といってもピンからキリまである。いったい誰が「役に立つ」学者なのだろうか。著書で見る学者の実力の見わけ方から、ジャーナリズムやビジネス・オピニオンとアカデミズムの思考法のちがい、さらには学閥と人脈の影響力といった学者の世界独特の論理までを紹介。「学者の値打ち」を適切に判定して、楽しい知的生活を送るための必須知識を提供します。有名学者の「値打ち」採点表も収録。

この本の目次

第1部 学者の世界(学閥と人脈
学問と流行
大学ブランドの正体
著書に出る実力
専門書、一般書、雑書
学者の質は落ちたか)
第2部 大学の内と外(ビジネス・オピニオンとアカデミズム
アカデミズムとジャーナリズム
新教養主義のために
大学外の学知)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可