公安警察の手口

鈴木 邦男

謎のベールに包まれている公安警察。彼らはどんな手法で捜査を行うのか? 自らの体験と取材をもとに、ガサ入れ・尾行・スパイ養成の実態に切り込む刺激的な一冊。

公安警察の手口
  • シリーズ:ちくま新書
  • 定価:本体700円+税
  • Cコード:0231
  • 整理番号:498
  • 刊行日: 2004/10/05
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:208
  • ISBN:4-480-06198-3
  • JANコード:9784480061980
鈴木 邦男
鈴木 邦男

スズキ クニオ

1943年福島県生まれ。早稲田大学政経学部卒業。在学中から民族派学生運動に参加、全共闘運動とは激しく対立する。生長の家系の「全国学協」の初代委員長に就任。その後、組織の内紛で運動を離れ、産経新聞社に勤務。72年に「一水会」を結成。新右翼として注目される。99年「一水会」代表を辞任、顧問に。幅広い分野の人たちと交流をもち、様々テーマで執筆活動を続けている。著書に『新右翼』『夕刻のコペルニクス』『公安警察の手口』『愛国者は信用できるか』『愛国と米国』r失敗の愛国心』など多数がある。

この本の内容

急速に監視社会化が進む日本。少しでも体制に楯突けば逮捕される時代となりつつある。こうした状況のなかで、不当逮捕を繰り返し、統治機構の末端で暴力を行使しているのが公安警察である。しかし、その捜査手法は謎に包まれており、実態は明らかになっていない。いったいヴェールの向こう側では何が起きているのだろうか?かつて赤報隊事件で公安警察に濡れ衣を着せられた経験を持つ著者が、その捜査手法や権力構造を照射し、知られざる公安警察の“真実”を追究する。

この本の目次

序章 やりたい放題の公安警察
第1章 公安警察の論理
第3章 「潜在右翼」の発見
第4章 共産党へのスパイ作戦
第5章 新左翼へのスパイ工作
第6章 ガサ入れ、尾行、張り込みの実態
終章 監視社会のゆくえ

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可