変わる方言 動く標準語

井上 史雄

千年・千キロの動きを追う

方言と標準語を調べていくと、日本語は列島を千年かけて旅してきたことが明らかになる。社会・歴史・地理の座標軸に位置づけ直す、壮大でスリリングな日本語論。

変わる方言 動く標準語
  • シリーズ:ちくま新書
  • 定価:本体700円+税
  • Cコード:0280
  • 整理番号:642
  • 刊行日: 2007/02/05
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:208
  • ISBN:978-4-480-06348-9
  • JANコード:9784480063489

この本の内容

「方言は矯正すべき」という時代から、方言を記録する時代を経て、様々な方言を楽しむ時代へ。本書は、こうした方言意識の変遷を糸口に、方言と外国語との関係、また標準語の方言的背景をつきとめてゆく。京都から広まったことば、江戸・東京から広まったことば。一つ一つ丁寧に見ていくと、現代日本語は千年で千キロ、日本列島を移動してきた長い旅の歴史を背負っていることが明らかになる。実地調査と分析と発見を繰り返しながら、「動くものとしてのことば」を社会・歴史・地理の座標軸に位置づけなおす、壮大でスリリングな日本語論。

この本の目次

第1章 プラスになった方言イメージ(言語の下位区分としての方言
方言のステレオタイプ
日本の方言区画地図を重ねると ほか)
第2章 方言に入った外来語(言語間方言学という視点
アイヌ語と東北方言の相互接触
中国語から入った近世方言 ほか)
第3章 標準語普及の3段階を復元する(東京と京都からの鉄道距離別標準語使用率
鉄道距離という発想
中学生の標準語使用率に働かない鉄道距離 ほか)

読者の感想

2012.5.09 mr14535

大変面白かったです。
全編興味深い話ばかりですし、語り下ろしなので読みやすい。

ただし、表題が少し気になります。
私は日本語では、標準語と言う概念は無くなったと考えているからです。

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可