自由とは何か  ─監視社会と「個人」の消滅

大屋 雄裕

監視カメラで安心な社会、
「自由な個人」はもう用済み!?

快適で安心な監視社会で「自由」に行動しても、それはあらかじめ制約された「自由」でしかないかもしれない。「自由」という、古典的かつ重要な概念を問い直す。

自由とは何か  ─監視社会と「個人」の消滅
  • シリーズ:ちくま新書
  • 定価:本体700円+税
  • Cコード:0210
  • 整理番号:680
  • 刊行日: 2007/09/05
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:224
  • ISBN:978-4-480-06380-9
  • JANコード:9784480063809
大屋 雄裕
大屋 雄裕

オオヤ タケヒロ

一九七四年生まれ。東京大学法学部卒業。法哲学を専攻。現在、名古屋大学大学院法学研究科教授。著書に『法解釈の言語哲学──クリプキから根元的規約主義へ』(勁草書房)、『自由とは何か──監視社会と個人の消滅』(ちくま新書)が、共著に『岩波講座 憲法1』(岩波書店)、『情報とメディアの倫理(シリーズ��人間論の21世紀的課題�=x(ナカニシヤ出版)などがある。

この本の内容

かつてより快適な暮らしが実現した現代社会。各人の振る舞いは膨大なデータとして蓄積され、“好み”の商品情報が自動的に示される。さらにはさまざまな危険を防ぐため、あらかじめ安全に配慮した設計がなされる。こうして快適で安全な監視社会化が進む。これは私たち自身が望んだことでもある。しかし、ある枠内でしか“自由”に振る舞えず、しかも、そのように制約されていることを知らずにいて、本当に「自由」と言えるのか。「自由」という、古典的かつ重要な思想的問題に新たな視角から鋭く切り込む。

この本の目次

第1章 規則と自由(「個人」の自己決定と法・政治
自由への障害
二つの自由―バーリンの自由論
交錯する自由)
第2章 監視と自由(見ることの権力
強化される監視
ヨハネスブルク・自衛・監視
監視と統計と先取り
監視・配慮・権力
「配慮」の意味
衝突する人権?
事前の規制・事後の規制
規制手段とその特質)
第3章 責任と自由(刑法における責任と自由
自己決定のメカニズム
責任のための闘争―刑法四〇条削除問題
主体と責任)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可