エコノミック恋愛術

山崎 元

もてる男は不幸らしい。

恋愛と経済はよく似ている。情報を集め、戦略を練り、判断を下す。この点がどちらも同じだからだ。「経済学のツボ」と「恋愛のコツ」を軽妙な語り口で教えてくれる極意書。

エコノミック恋愛術
  • シリーズ:ちくま新書
  • 定価:本体680円+税
  • Cコード:0295
  • 整理番号:737
  • 刊行日: 2008/08/05
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:192
  • ISBN:978-4-480-06436-3
  • JANコード:9784480064363
山崎 元
山崎 元

ヤマサキ ハジメ

経済評論家。1958年北海道生まれ。1981年東京大学経済学部卒業後、1981年4月三菱商事入社。以後、12回の転職を経て、2005年より楽天証券経済研究所客員研究員。主な著書に『お金をふやす本当の常識』(日経ビジネス人文庫)、『「投資バカ」につける薬』(講談社)、『新しい株式投資論』(PHP新書)、『会社は2年で辞めていい』(幻冬舎新書)などがある。

著者からのメッセージ

山本モナの恋愛経済学[全文を読む]

この本の内容

恋愛と経済はよく似ている。情報を集め、戦略を練り、判断を下す。この点ではどちらも同じだ。「うまい話」は存在しない、愚かな過ちを(しばしば)犯す、という点でも両者は同じ問題を共有している。本書では、ロマンスの効用と戦略をまじめに考え、「経済学のツボ」と「恋愛のコツ」を同時にお伝えする。軽妙な語り口に思わず噴き出す、恋愛と経済学の極意書。

この本の目次

第1章 社内恋愛は悪なのか―女心と男心の経済学(あなたは「マーガリン」になれるか
社内恋愛のコストを算定すると ほか)
第2章 恋愛ではバカに勝つのは難しい―新しい経済学でロマンスを考える(バカはときに理性を凌駕する
ロマンチストは何を夢みるか ほか)
第3章 モテたい人のための「恋の悪知恵」―恋の元本割れを回避する(美人のいるオフィスの経済価値は?
合コンで幹事よりいい女(男)がなぜ来ないのか ほか)
第4章 結婚はバブルである―経済学的に夫婦を考える(あなたのパートナーは資産か負債か
結婚はバブルである ほか)
第5章 恋人獲得の戦略―いかに遊び、選ぶか(自分の値段をいくらに設定するか
「牛丼屋の味噌汁」を模範とすべし ほか)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可