日本農業の真実

生源寺 眞一

保護か?競争か?

わが国の農業は正念場を迎えている。いま大切なのは食と農の実態を冷静に問いなおすことだ。農業政策の第一人者が現状を分析し、近未来の日本農業を描き出す。

日本農業の真実
  • シリーズ:ちくま新書
  • 定価:本体760円+税
  • Cコード:0261
  • 整理番号:902
  • 刊行日: 2011/05/09
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:208
  • ISBN:978-4-480-06608-4
  • JANコード:9784480066084
生源寺 眞一
生源寺 眞一

ショウゲンジ シンイチ

1951年愛知県生まれ。東京大学農学部卒。農林水産省農事試験場研究員などを経て1996年から東京大学農学部教授。東京大学農学部長、日本フードシステム学会会長、農村計画学会会長、食料・農業・農村政策審議会委員(企画部会長・主要食糧部会長・畜産部会長など)などを歴任。現在、名古屋大学農学部教授。主な著書に『現代日本の農政改革』(東大出版会)、『農業再建』(岩波書店)、『農業がわかると、社会のしくみが見えてくる』(家の光協会)などがある。

この本の内容

わが国の農業は正念場を迎えている。農業者の高齢化、減反問題、農産物貿易の自由化など、難問が山積している。こうした状況下で大切なのは、情動やイデオロギーに流されることなく、冷静かつ現実的に食と農の問題を考えることだろう。本書では、日本農業の強さと弱さの両面を直視し、国民に支えられる農業と農村のビジョンを提案する。農地制度や農協問題など、農業発展のブレーキと指摘されている論点にも言及しながら、農業経済と農業政策の第一人者が近未来の日本農業を描き出す。

この本の目次

第1章 逆走・迷走の農政
第2章 食料自給率で読み解く日本の食と農
第3章 誰が支える日本の農業
第4章 どうするコメの生産調整
第5章 日本農業の活路を探る
第6章 混迷の農政を超えて

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可