日本の国境問題 ─尖閣・竹島・北方領土

孫崎 享

どうすれば守れるか、
取り戻せるのか

どうしたら、尖閣諸島を守れるか。竹島や北方領土は取り戻せるのか。平和国家・日本の国益に適った安全保障とは何か。国防のための国家戦略が、いまこそ必要だ。

日本の国境問題 ─尖閣・竹島・北方領土
  • シリーズ:ちくま新書
  • 定価:本体760円+税
  • Cコード:0231
  • 整理番号:905
  • 刊行日: 2011/05/09
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:240
  • ISBN:978-4-480-06609-1
  • JANコード:9784480066091
孫崎 享
孫崎 享

マゴサキ ウケル

1943年旧満州国鞍山生まれ。66年東京大学法学部中退、外務省入省。英・米・ソ連・イラク・カナダ駐在、駐ウズベキスタン大使、国際情報局長、駐イラン大使を歴任。防衛大学校教授(公共政策学科長、人文社会学群長)を経て、09年に定年退官。著書に『日本の国境問題――尖閣・竹島・北方領土』(ちくま新書)、『戦後史の正体』(創元社)、『アメリカに潰された政治家たち』(小学館)、『外交官――先輩の労苦をいしずえに』(あいうえお館)、『カナダの教訓――「日米関係」を考える視点』(ダイヤモンド社)、『日本外交――現場からの証言』(中公新書)、『日米同盟の正体一迷走する安全保障』『不愉快な現実――中国の大国化、米国の戦略転換』(以上、講談社現代新書)、『日本の「情報と外交」』(PHP新書)、『日本人のための戦略的思考入門』(祥伝社新書)など。編・共著に『検証 尖閣問題』(岩波書店)、『総合的戦略論ハンドブック』(ナカニシヤ出版)など多数。

この本の内容

海に囲まれた島国・日本にあっても、周辺には解決が困難な国境問題を抱えている。尖閣・竹島・北方領土。領土は魔物である。それが目を覚ますと、ナショナリズムが燃え上がる。経済的不利益に、自国の歴史を冒涜されたという思いも重なり、一触即発の事態に発展しやすい。突き詰めれば、戦争はほぼすべて領土問題に端を発する―。中ソ国境紛争やイラン・イラク戦争の現場に外交官として赴任、情報収集にあたり、その後、防衛大学校教授として日本の安全保障を研究・分析した外交と国防の大家が論点を腑分け。平和国家・日本の国益に適った戦略を明かす。

この本の目次

第1章 血で血を洗う領土問題―私がみた現代世界の国境紛争
第2章 尖閣諸島をめぐる日中の駆け引き―戦後の尖閣諸島史
第3章 北方領土と米ロの思惑―大国の意図に踊る日本
第4章 日米同盟は役に立つのか―米国にとっての日本領土
第5章 領土問題の平和的解決―武力を使わせない知恵
第6章 感情論を超えた国家戦略とは―よりよい選択のために

読者の感想

2012.9.24 伊波

 沖縄に住んでいる伊波と申します。

 孫崎さんのこの本のおかげで、今起きている領土問題に対して冷静な見方ができます。一人でも多くの日本人にこの本を読んでもらうことが、日本の国益をまもるためにも重要だと思います。

 そこでお願いなのですが、この「日本の国境問題」の図解バージョンや、マンガバージョンを作れば、もっと多くの人に本の内容が伝わり、御社も儲かるのではないかと思っています。

 日本の国境問題が注目され、他社ではありますが孫崎氏の「戦後史の正体」も非常に注目されておりますので、是非ともご検討をお願いいたします。

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可