「小さな大エース」
の原点に迫る

小さな大エース、桑田真澄。合理的な思考で野球界の因襲を打破してきた彼が提唱する新しい「野球道」とは何か? 球界のあり方を日米野球史の大家と語り尽くす。

野球道
  • シリーズ:ちくま新書
  • 定価:本体720円+税
  • Cコード:0275
  • 整理番号:915
  • 刊行日: 2011/08/08
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:208
  • ISBN:978-4-480-06615-2
  • JANコード:9784480066152
桑田 真澄
桑田 真澄

クワタ マスミ

1968年生まれ。PL学園、読売ジャイアンツ、ピッツバーグ・パイレーツを経て、現在野球解説者。早稲田大学大学院修了も話題となる。著書『心の野球』(幻冬舎)、『野球の神様がくれたもの』(ポプラ社)、『試練が人を磨く』(扶桑社文庫)など。

佐山 和夫
佐山 和夫

サヤマ カズオ

1936年生まれ。ノンフィクション作家。慶應義塾大学文学部卒業。日米の野球史に詳しい。『史上最高の投手はだれか』(潮出版社)、『野球とアンパン』(講談社現代新書)、『ベースボールと日本野球』(中公新書)をはじめ著書多数。

この本の内容

小さな大エース、桑田真澄。決して恵まれた体でないにもかかわらず長く活躍できた陰には、卓越した理論と不断の努力があった。少年野球からプロ野球まで、旧弊なしきたりに立ち向かい、いかに合理的・効率的な練習を追求してきたか。大学院で野球の研究論文まで執筆した探究心の根源には何があるのか―長年にわたり日米の野球史を研究し、球界の堕落に警鐘を鳴らしてきた作家・佐山和夫が、野球人・桑田真澄の成功の秘訣と、その背景にある独自の「野球道」の精神に迫る。

この本の目次

第1章 野球人生を振り返って(いまは野球人生の「五回裏」が終わったところ
作家・佐山和夫と野球人・桑田真澄の出会い ほか)
第2章 ベースボールと「野球道」(野球選手のセカンドライフ
ベースボールとは違う日本の「純正野球道」 ほか)
第3章 指導者は意識改革せよ(練習量は多ければいいわけじゃない
「三角形の頂点でボールを捕れ」のおかしさ ほか)
第4章 魅惑のプレーヤー伝説(伝説の球児・桑田真澄がまっすぐカーブしか投げなかった理由
サチェル・ペイジとジョン・ギブソン ほか)
第5章 野球の未来のために(四球のルールは変えるべき
ホームランで二周すれば二点だった ほか)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可