緑の政治ガイドブック ─公正で持続可能な社会をつくる

デレク・ウォール 著 , 白井 和宏 翻訳

右でも左でもなく
前へ進む政治を!

原発が大事故を起こし、グローバル資本主義が行き詰まった今の日本で、私たちはどのように変わっていけばいいのか。巻末に鎌仲ひとみ×中沢新一の対談を収録。

緑の政治ガイドブック ─公正で持続可能な社会をつくる
  • シリーズ:ちくま新書
  • 定価:本体780円+税
  • Cコード:0231
  • 整理番号:945
  • 刊行日: 2012/02/06
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:240
  • ISBN:978-4-480-06647-3
  • JANコード:9784480066473
デレク・ウォール
デレク・ウォール

ウォール,デレク

イギリス・バークシャー州在住。「イングランド・ウェールズ緑の党」元主席議長。「エコ社会主義者インターナショナル・ネットワーク」創設者の一人。ロンドン大学ゴールドスミス・カレッジで政治経済学を教える。著書に『台頭する緑の左翼』(2010)、『反資本主義・反グローバリズム・緑の運動の経済学』(2005)など多数。

白井 和宏
白井 和宏

シライ カズヒロ

1957年横浜生まれ。中央大学法学部卒業、イギリス・ブラッドフォード大学大学院ヨーロッパ政治研究修士課程修了。神奈川ネットワーク運動元事務局長。生活クラブ・スピリッツ�椛纒\取締役専務。訳書にアンドリュー・キンプレル『それでも遺伝子組み換え食品を食べますか?』(筑摩書房)ほか。

この本の内容

緑の政治は一九七〇年代に誕生し、いまや世界的な広がりを見せている。これは人間と自然の関係を中心にすえて、社会と経済のありかたを考え直そうとする大きな流れだ。福島第一原発が深刻な事故を起こし、グローバル資本主義があらゆる局面で行き詰まりを見せている今、私たちと私たちの社会はどのように変わっていけばいいのだろうか。その道筋を考え、着実な行動へとつなげていくために、世界各国の歴史と現状に学ぼう。

この本の目次

第1章 世界に広がる緑の政治
第2章 温暖化する地球
第3章 緑の哲学とは何か
第4章 「欲求」でなく「必要」を満たす経済
第5章 生命のための政治
第6章 生き残りをかけた戦略
解説 右でも左でもなく前へ進む運動を(鎌仲ひとみ
中沢新一)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可