若者が無縁化する ─仕事・福祉・コミュニティでつなぐ

宮本 みち子

貧困よりも、
厳しい現実

高校中退者、若者ホームレス、低学歴ニート、世の中から切り捨てられ、孤立する若者たち。社会に彼らをつなぎとめるために、現状を分析し、解決策を探る一冊。

若者が無縁化する ─仕事・福祉・コミュニティでつなぐ
  • シリーズ:ちくま新書
  • 定価:本体780円+税
  • Cコード:0236
  • 整理番号:947
  • 刊行日: 2012/02/06
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:224
  • ISBN:978-4-480-06650-3
  • JANコード:9784480066503
宮本 みち子
宮本 みち子

ミヤモト ミチコ

1947年生まれ。東京教育大学文学部経済学専攻卒業。同学部社会学専攻卒業後、お茶の水女子大学家政学研究科修士課程修了(家庭経営学専攻)。社会学博士。ケンブリッジ大学社会政治学部客員研究員、千葉大学教授などを経て、現在、放送大学教養学部教授。専門は青年社会学、家族社会学。著書に『若者が≪社会的弱者≫に転落する』(洋泉社新書)、人口減少社会のライフスタイル』(放送大学教育振興会)、共著に『二極化する若者と自立支援』(明石書店)、『雇用流動化のなかの家族』(ミネルヴァ書房)などがある。

この本の内容

若者が幸福なんて誰がいった!若者に関する議論が見落としている点、それは彼らが社会から見捨てられているという現実である。フリーター、ニートは、いまだ、甘えた若者と思われがちだが、それは幻想に過ぎない。高校中退し、アルバイトにさえ就くことができない。家族と離れ、路頭に迷い、ホームレスになる。どこに助けを求めてよいかわからず、孤立する。そのような若者の急増に対して、私たちはなにをなすべきか?若者の実態を明らかにし、彼らを孤立させない方法を提示する。

この本の目次

第1部 追いやられる若者たち(抜け出せない貧困
働きたくても、働けない
崩壊する若者の生き方)
第2部 若者と労働を問いなおす(若者を包摂する雇用政策
働くためのゆるやかなステップ
いま若者にとって自立とは何か?)
第3部 解決への道(システムとコミュニティで包摂できる環境へ
若者にとっての生活保障の再検討)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可