大学の思い出は就活です(苦笑) ─大学生活50のお約束

石渡 嶺司

大学生活一番の思い出は
就活です!

大学生活の悩み解決。楽しく過ごして就活はもちろん社会に出てからも力を発揮する勉強、遊び、バイト経験とは。すごい人をめざす必要なんて、全然ありませんよ。

大学の思い出は就活です(苦笑) ─大学生活50のお約束
  • シリーズ:ちくま新書
  • 定価:本体780円+税
  • Cコード:0236
  • 整理番号:949
  • 刊行日: 2012/03/05
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:240
  • ISBN:978-4-480-06656-5
  • JANコード:9784480066565
石渡 嶺司
石渡 嶺司

イシワタリ レイジ

ライター・大学ジャーナリスト。1975年札幌市生まれ。北嶺高校を経て東洋大学社会学部社会学科卒業。派遣社員・編集プロダクションを経て2003年独立。就活未経験の経歴はアンチ石渡から「就活をやったことない分際で偉そうに」と言われる羽目に(ネタ提供感謝)。大学見学校数は約350。一部出入り禁止の大学がある(らしい)。著書に『アホ大学のパカ学生』(共著、光文社新書)、『就活のしきたり』(PHP新書)など。

著者に関する情報

著者のメールアドレスはこちら

この本の内容

貴重な大学時代をどう過ごすべきか、悩む学生がたくさんいます。そもそも大学の勉強は役立つか。就活は早ければ早いほどいいか。アルバイトやサークルの経験は面接や作文のネタになるのか。「すごい人しか得できないでしょ」「やっぱり、就活は学校名でしょ」というのは大嘘です。では上手くいく人はどこが違うのか。実は、大学をふつうに使いこなせるかどうか、キャンパスライフをふつうに送れるかどうかにあります。さらに、その経験は社会人になってからの仕事力、発想力にもつながります。まず気になる項目を開いてみてください。

この本の目次

はじめに 「ふつう」は最強か、最弱か?
第1章 大学生活、はじめの一歩―入学式前後
第2章 大学の勉強、くだらないと言う前に―勉強
第3章 バカ騒ぎから勉強までご自由に―サークル活動
第4章 居場所がなくて寂しいと―居場所・人間関係
第5章 ムカつく店長もいい思い出に―アルバイト
第6章 毒になるか、薬になるか―ネット・ケータイ
第7章 学費・仕送り・時間が全部ムダ―落とし穴
第8章 こんな大学、もう嫌だ!―再受験・中退・転部
第9章 面接で話せるエピソード(失笑)―資格・留学・読書
第10章 ナビサイトを使い出す前に―就活関連

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可