現代のピアニスト30 ─アリアと変奏

青澤 隆明

音楽ガイドの決定版!
必聴・厳選ディスク100
ガイド付

グールド、ポリーニなど大御所から期待の若手まで、気鋭の若手音楽評論家が現代演奏史の中でとらえ直す。間違いなく新定番となるべきピアノ・ガイド。

現代のピアニスト30 ─アリアと変奏
  • シリーズ:ちくま新書
  • 定価:本体940円+税
  • Cコード:0273
  • 整理番号:1037
  • 刊行日: 2013/10/07
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:320
  • ISBN:978-4-480-06739-5
  • JANコード:9784480067395
青澤 隆明
青澤 隆明

アオサワ タカアキラ

音楽評論家。1970年、東京生まれ。東京外国語大学英米語学科卒。湘南高校在学中から音楽専門誌での執筆をはじめ、「レコード芸術」、「音楽の友」、「音楽現代」、「ミセス」等に定期的に寄稿。1996年から2004年まで鎌倉芸術館の主催音楽公演を企画制作。音楽や文学をめぐり、評論、インタヴュー、企画構成のほか、コンサートのプロデュースも行っている。

この本の内容

ピアニストとして生きるとはどういうことか。一九六〇年代から現在まで、社会環境の変化のなかで、ピアノ演奏の未来を拓いた卓抜な音楽家を厳選。時代を画す個々のスタイルを通して、彼らの謎と真実に迫り、孤独な探求と思策の意味を問う。さらに、無数のインタヴューを行ってきた著者しか知り得ない、名演奏家たちの真率な肉声を盛りこみ、ユニークな音楽と人間性の関係を浮き彫りにする。いま聴くべきピアニスト・ガイドの決定版。

この本の目次

アリア―グールドの幽霊
第1章 戦後世代の美学―一九六〇年代
第2章 独歩の探索―一九七〇年代
第3章 自我の模索と発明―一九八〇年代
第4章 誠実の方法―一九九〇年代1
第5章 それぞれの航路―一九九〇年代2
第6章 時代の再編集―二〇〇〇年代以降
アリア―明日への夢

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可