日本の雇用と中高年

濱口 桂一郎

日本型システムからの
脱却が迫られている!

激変する雇用環境。労働問題の責任ある唯一の答えは「長く生き、長く働く」しかない。けれど、年齢が足枷になって再就職できない中高年。あるべき制度設計とは。

日本の雇用と中高年
  • シリーズ:ちくま新書
  • 定価:本体780円+税
  • Cコード:0236
  • 整理番号:1071
  • 刊行日: 2014/05/07
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:240
  • ISBN:978-4-480-06773-9
  • JANコード:9784480067739
濱口 桂一郎
濱口 桂一郎

ハマグチ ケイイチロウ

1958年大阪府生まれ。東京大学法学部卒業。労働省、欧州連合日本政府代表部一等書記官、衆議院調査局厚生労働調査室次席調査員、東京大学客員教授、政策研究大学院大学教授を経て、現在、労働政策研究・研修機構の主席統括研究員。著書には『労働法政策』(ミネルヴァ書房)、『新しい労働社会――雇用システムの再構築へ』(岩波新書)、『日本の雇用と労働法』(日経文庫)、『日本の雇用終了――労働局あっせん事例から』(労働政策研究・研修機構)、『団結と参加――労使関係法政策の近現代史』(労働政策研究・研修機構)、『若者と労働――「入社」の仕組みから解きほぐす』(中公新書ラクレ)など多数。

この本の内容

労働問題の責任ある唯一の答えは「長く生き、長く働く」を目指すことしかない。けれど社会環境が激変しつつあるなか、雇用と働き方をめぐる問題が噴出している。ひとたびレールを外れると、年齢が足枷になって再挑戦もままならない。損か得か…などといった不毛な議論では、この状況の大転換を見失ってしまう。感情論では雇用は増えないし、不公平も解決できないのだ。では、矛盾だらけの建前と本音のどこが問題か。どのような制度設計が可能なのか。第一人者が労働問題の本質を平易に解き明かす。

この本の目次

序章 「若者と中高年、どっちが損か?」の不毛
第1章 中高年問題の文脈
第2章 日本型雇用と高齢者政策
第3章 年齢差別禁止政策
第4章 管理職、成果主義、残業代
第5章 ジョブ型労働社会へ

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可