中小企業の底力 ─成功する「現場」の秘密

中沢 孝夫

日本の会社はやっぱりすごい。
「中小企業論」の第一人者
による渾身の一冊

国内外で活躍する日本の中小企業。その強さの源は何か? 独自の技術、組織のつくり方、人材育成……。多くの現場取材をもとに、成功の秘密を解明する一冊。

中小企業の底力 ─成功する「現場」の秘密
  • シリーズ:ちくま新書
  • 定価:本体780円+税
  • Cコード:0234
  • 整理番号:1065
  • 刊行日: 2014/04/07
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:240
  • ISBN:978-4-480-06776-0
  • JANコード:9784480067760
中沢 孝夫
中沢 孝夫

ナカザワ タカオ

兵庫県立大学大学院客員教授。博士(経営学)。専門は「ものづくり論」「中小企業論」「地域経済論」。1944年生まれ。高校卒業後、郵便局勤務から全逓本部を経て、45歳で立教大学法学部入学。1993年同校卒業。1100社(そのうち100社は海外)の聞き取り調査をおこなっており、ミクロな領域を専門とする。主な著書に『グローバル化と中小企業』(筑摩選書)、『世界を動かす地域産業の底力――備後・府中100年の挑戦』(筑摩書房)、『就活のまえに』(ちくまプリマー新書)、『中小企業は進化する』(岩波書店)、『中小企業新時代』(岩波新書)など。

この本の内容

産業空洞化、低賃金、後継者不足…何かとネガティヴなイメージで語られる「中小企業」。しかし、日本には業績好調で元気な中小企業は数多い。そのように成功している中小企業の強さの源は何か?本書では、日本はもちろん、タイを中心にASEANの現地工場を多数取材。その中で、人材の育成方法、独自の技術力、労働力の質の高さ、組織のつくり方、コアの有無など、成功する会社の特徴が明らかになっていく。日本の中小企業はASEANで信頼され、現地にとてもよい影響を与えている。

この本の目次

序章 よい会社の条件とは何か?
第1章 グローバル時代の人材育成―東研サーモテック、タイ・味の素
第2章 日本の中小企業の競争力―デンソー、O.E.Iグループ
第3章 コアをもつ、知恵を集める―トヨタ・グローバル生産推進センター
第4章 すぐれた組織のつくり方―ナカキン
第5章 人材育成は自分でする―東京ダイス・金森製作所
第6章 創業一〇〇年を超える企業の挑戦―坂本重工・住野工業
第7章 中所得国のワナ―ヤマウチ
終章 グローバル化にも強い中小企業―東陽工業

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可