記憶力の正体 ─人はなぜ忘れるのか?

高橋 雅延

ド忘れ、もの忘れ、記憶違いはなぜ起こる?

物忘れをなくしたい。嫌な思い出を忘れたい。本当に記憶を操作することはできるのか? 多くの人を魅了する記憶力の不思議を、実験や体験をもとに解説する。

記憶力の正体 ─人はなぜ忘れるのか?
  • シリーズ:ちくま新書
  • 定価:本体840円+税
  • Cコード:0211
  • 整理番号:1077
  • 刊行日: 2014/06/04
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:272
  • ISBN:978-4-480-06780-7
  • JANコード:9784480067807
高橋 雅延
高橋 雅延

タカハシ マサノブ

1958年生まれ。京都教育大学卒業後、京都大学大学院教育学研究科修了。京都大学助手、京都橘大学助教授などを経て、現在、聖心女子大学教授。ハイデルベルク大学(ドイツ)、ビクトリア大学(ニュージーランド)、ルーヴェン大学(ベルギー)、フリンダース大学(オーストラリア)の客員研究員を歴任。専門は認知心理学。著書に、『変えてみよう! 記憶とのつきあいかた』『認知と感情の心理学』(岩波書店)、『記憶のふしぎがわかる心理学』(日本実業出版社)などがある。

この本の内容

記憶力を強くしたい!もの忘れをなくしたい!そのような願望から記憶力を増強させる方法は様々語られてきた。一方、つらい思い出を忘れたい、嫌な経験をなかったことにしたいと、忘却を操作したい思いもある。では、人間はどこまで記憶を操作することができるのだろうか。簡単に試すことができる思い出す訓練から「数字に色がついて見える」といった特殊な能力まで、これまでの多くの実験や研究から見えてきた記憶の不思議に迫っていく。

この本の目次

第1章 「忘れる」とはどういうことか?
第2章 「忘れられない」の正体
第3章 「思い出せない」理由
第4章 記憶は意識を超えていく
第5章 忘れないと覚えられない
第6章 記憶を強くするヒント
終章 忘却を使いこなす

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可