反福祉論 ─新時代のセーフティーネットを求めて

金菱 清 著 , 大澤 史伸

制度はもう我々を
守ってくれない

福祉に頼らずに生き生きと暮らす、生活困窮者やホームレス。制度に代わる保障を発達させてきた彼らの生活実践に学び、福祉の限界を超える新しい社会を構想する。

反福祉論 ─新時代のセーフティーネットを求めて
  • シリーズ:ちくま新書
  • 定価:本体780円+税
  • Cコード:0236
  • 整理番号:1090
  • 刊行日: 2014/09/08
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:224
  • ISBN:978-4-480-06797-5
  • JANコード:9784480067975
金菱 清
金菱 清

カネビシ キヨシ

1975年生まれ。社会学・災害社会学。東北学院大学教養学部地域構想学科教授。『文藝春秋』2013年2月号掲載の識者が選んだ108人(今後10年間に世界的な活躍を期待できる逸材)に選ばれる。著書に『震災メメントモリ』『生きられた法の社会学』(日本社会学会奨励賞)『新 体感する社会学』『3.11慟哭の記録』(編著、出版梓会新聞社学芸文化賞)『呼びさまされる霊性の震災学』(編著。以上、すべて新曜社)、『反福祉論』(共著、ちくま新書)など。

大澤 史伸
大澤 史伸

オオサワ シノブ

1966年生まれ。社会福祉学。東北学院大学教養学部地域構想学科准教授。『福祉サービス論』(学文社)、『聖書のパワー物語』(日本地域社会研究所)、『農業分野における知的障害者の雇用促進システムの構築と実践』(みらい)など。

この本の内容

福祉は財政的に限界に達している。一方、さらなる拡充を望む声も根強い。ではどうすればよいのだろうか。不法占拠者や生活困窮者、災害被災者、ホームレスなど、福祉の制度から漏れてきた人びとが、公助に頼らず自助・共助によって展開する生き生きとした暮らしを検証。制度に代わるセーフティーネットの仕掛けを発達させてきた彼らの生き方に学び、「反福祉」の考え方を提唱する。制度にがんじがらめになっている福祉の現状に警鐘を鳴らし、誰もが生きやすい社会を構想する。

この本の目次

はじめに―いまなぜ「反福祉論」か
1 現代の「忘れられた日本人」―制度外の人びと自身による生活保障(「飛行場」に住まう在日コリアン―不法占拠者による実践
福祉版「シンドラーのリスト」―生活困窮者の最後の拠り所
大津波における「ノアの箱舟」―災害被災者の伝統的行動規範
ドヤ街のスピリチュアル・ケア―ホームレスはなぜ教会へ?)
2 福祉制度に替わるセーフティーネット(ホームレスとしてのイエス・キリスト―制度からの解放宣言
福祉に挑むドン・キホーテ―ある研究者の知的遍歴
生きられた法―法外世界の豊饒な議論へ)

読者の感想

2016.12.25 ドルフィン・キック

「反福祉論」と題されているが、福祉にとって有益な示唆と展望を与える好個の書。金菱氏の文章は、雄勁で快く、文章の愉楽を伝える。社会福祉の外に、読者の目を導く書き手である。一方、大澤氏は、福祉の基本を押さえながら、社会福祉の未だ存在しないあり方を、実践知から、新しい構築構造を導きだそうと考察する。この書物は、社会福祉の基本を前提としながら、社会福祉の外部や、未来と明らかにつなげてくれる、短いが、それゆえ、手早く読める、研究と実践に有益な書物である。タイトルは、反福祉だが、福祉外からのアプローチが、まだ存在しない社会福祉の制度と構造へと、現在の社会福祉の地点から、示唆的に導かれる読者の研究に展望を与える。素晴らしい新書である。

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可