幕末史

佐々木 克

国家建設の全貌
黒船来航から明治維新まで、
第一人者が一望する!

日本が大きく揺らいだ激動の幕末。そのとき何が起き、何が変わったのか。黒船来航から明治維新まで、日本の生まれ変わる軌跡をダイナミックに一望する決定版。

幕末史
  • シリーズ:ちくま新書
  • 定価:本体1,000円+税
  • Cコード:0221
  • 整理番号:1096
  • 刊行日: 2014/11/05
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:368
  • ISBN:978-4-480-06800-2
  • JANコード:9784480068002
佐々木 克
佐々木 克

ササキ スグル

1940年秋田県生まれ。1970年立教大学大学院文学研究科博士課程修了。京都大学教授、奈良大学名誉教授、京都大学博士(文学)。歴史学者、専門は明治維新史。主な著書に『戊辰戦争』(中公新書、1977年)、『日本近代の出発』(集英社、1992年)、『大久保利通と明治維新』(吉川弘文館、1998年、吉田賞受賞)、『幕末の天皇・明治の天皇』(講談社学術文庫、2005年)、『坂本龍馬とその時代』(河出書房新社、2009年)など。

この本の内容

日本が大きく揺らいだ激動の幕末。江戸の末期、国際社会へ漕ぎだしていった時代に、いったい何が起きたのか。吉田松陰、坂本龍馬、大久保利通といった若者たちは、どのような志を抱いて生きたのか。本書は、日本を立ち直らせるために「挙国一致」で立ち向かった人々の姿を、最新の史料からダイナミックに見通していく。ペリー来航から明治国家の建設まで、日本が根底から生まれ変わる軌跡を、第一人者が一望に収める。

この本の目次

第1章 屈辱の出発 1853‐1859
第2章 尊王攘夷運動 1860‐1863
第3章 遠のく挙国一致 1863‐1865
第4章 日本を立ち直らせるために 1865‐1866
第5章 新政府の創設 1866‐1867
第6章 明治国家の課題 1868‐1890

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可