日本の大課題 子どもの貧困 ─社会的養護の現場から考える

池上 彰 編集

6人に1人の子どもが
貧困に苦しむ国・日本

格差が極まるいま、家庭で育つことができない子どもが増えている。児童養護施設の現場から、子どもの貧困についての実態をレポートし、課題と展望を明快にえがく。

日本の大課題 子どもの貧困 ─社会的養護の現場から考える
  • シリーズ:ちくま新書
  • 定価:本体840円+税
  • Cコード:0236
  • 整理番号:1113
  • 刊行日: 2015/03/04
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:256
  • ISBN:978-4-480-06818-7
  • JANコード:9784480068187
池上 彰
池上 彰

イケガミ アキラ

1950年長野県生まれ。NHKで記者・キャスターとして、事件・事故・災害・教育問題・消費者問題など様々な分野のニュースを取材。2005年3月にNHKを退職し、フリーランスのジャーナリストに。ニュース解説者として各メディアに出演する傍ら、東京工業大学、東京大学など9つの大学で教鞭を執り、教育活動にも従事する。著書に『池上彰の憲法入門』(プリマー新書)、『お金で世界が見えてくる』(ちくま新書)、『池上彰の 未来を拓く君たちへ』(日本経済新聞出版社)、『世界を変えた10冊の本』『この社会で戦う君に「知の世界地図」をあげよう』『この日本で生きる君が知っておくべき「戦後史の学び方」』『学校では教えない「社会人のための現代史」』(以上、文春文庫)、『知の越境法』(光文社新書)ほか、多数。

この本の内容

社会が大きく変化するなかで、「家庭」で育つことができない子どもが増えている。貧困、虐待、DVなどの理由により、家庭から隔てられた子どもは、健康や学力の面で不利を強いられる。その数およそ7万人。経済格差が極まりつつあるいま、世代間連鎖を断つために「社会的養護」の必要性が高まっている。「子どもの貧困」の本質を映しだす児童養護施設の現場から、問題の実態をレポートし、その課題と展望を明快にえがく。

この本の目次

第1部 児童養護施設からの問い―対談=池上彰×高橋利一(社会的養護とは何か―家族リスクと子どもの貧困
忘れられた子どもたち―養護の現場から
自立の困難―子どもたちの未来)
第2部 家族、虐待、自立(子どもの現実
多重の喪失と分離―二重の剥奪状況に追い詰められる子ども
教育ネグレクト―児童養護施設の子どもの学習の困難
親の問題とどう取り組むか
児童養護施設からの自立と自立支援)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可