これでいいのだ!瀬尾ごはん ─台所まわりの哲学

瀬尾 幸子

作るにしても、食べるにしても
がんばらなくてよし!

料理は、がんばらなくていい。些細な料理だからこそ、素材の旨さも生きるし、心身がほっとして活力がわく! 今日から台所に立つための、入門書。

これでいいのだ!瀬尾ごはん ─台所まわりの哲学
  • シリーズ:ちくま新書
  • 定価:本体980円+税
  • Cコード:0277
  • 整理番号:1141
  • 刊行日: 2015/09/07
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:160
  • ISBN:978-4-480-06833-0
  • JANコード:9784480068330
瀬尾 幸子
瀬尾 幸子

セオ ユキコ

料理研究家。東京都北区出身。外食やデパ地下にはない、家でこそ作りたくなる「どうってことないけど確実においしいメニュー」を得意とし、「カンタンだからおいしい!」を提唱する料理にはファンが多い。近著に『ラクうまごはん』『ラクうまごはんのコツ』(新星出版社)『ちゃぶ台ごはん』(小学館)『瀬尾幸子の楽ちん台所塾』(文藝春秋)『うまいツマミ』(学研パブリッシング)などがある。

この本の内容

生きる力を取り戻すために、初心者にも手におえる、ご飯術を身に着けよう。手間の少ない「焼くだけ」「煮るだけ」料理、素材の選び方、保存のコツ、冷蔵庫活用術、買い物の極意…作るにしても、食べるにしても、がんばらなくてよし。「家のご飯は、これでいいのだ」の精神で、失敗を恐れず、果敢に台所に立とう!

この本の目次

まえがき 家のご飯は、これでいいのだ。
第1章 料理とは、食べられるようにするだけのこと。
第2章 自分で考える力をつける。
第3章 台所を回す。
第4章 買い物は狩りである。
第5章 生きる力を手に入れよう。

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可