暴走する自衛隊

纐纈 厚

文民統制がなくなったら
自衛隊は存続できない

自衛隊武官の相次ぐ問題発言、国連PKOへの参加、庁から省への昇格、安保関連法案の強硬可決、文官優位の廃止……。日本の文民統制はいま、どうなっているか。

暴走する自衛隊
  • シリーズ:ちくま新書
  • 定価:本体820円+税
  • Cコード:0236
  • 整理番号:1173
  • 刊行日: 2016/02/08
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:256
  • ISBN:978-4-480-06875-0
  • JANコード:9784480068750

この本の内容

自衛隊が新しいステージに入った。集団的自衛権行使を前提とする安保関連法案の強行可決によって、米軍との関係が一段と強化された。PKOへの参加、庁から省への昇格など実績を重ねながら、一方で日本独自の文民統制として機能した文官統制を廃止するなどして、自衛隊武官の発言力が高まってきている。これまで制服組の暴走発言は、何度も政治問題に発展してきた。このような実力組織を、どう統制するのか。シビリアン・コントロールの観点からの議論は深まっていない。政軍関係論の第一人者が、文民統制の真意を洗い出し、蘇生させる方法を提示する。

この本の目次

序章 自衛隊の立ち位置
第1章 安保法制成立後の自衛隊―日本防衛政策の新段階
第2章 防衛省設置法の改正問題―自衛隊制服組の権限強化
第3章 文民統制の原点―民主主義と政軍関係
第4章 戦後日本の文民統制―露呈する矛盾
第5章 制服組の逸脱行為―自衛隊事件史
第6章 背広組と制服組の攻防―親米派、自主国防派、旧日本軍との連続性
第7章 防衛論議の進め方―文民統制は自衛隊存続のため
終章 文民政治家の資質

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可