昭和史

古川 隆久

日本はなぜ戦争に突き進んだのか。私たちは、何を失い、何を手にしたのか。開戦から敗戦、復興へと至る激動の64年間を、第一人者が一望する決定版!

昭和史
  • シリーズ:ちくま新書
  • 定価:本体1,000円+税
  • Cコード:0221
  • 整理番号:1184
  • 刊行日: 2016/05/09
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:416
  • ISBN:978-4-480-06887-3
  • JANコード:9784480068873

この本の内容

日本はなぜ戦争に突き進んだのか。私たちは、何を失い、何を手にしたのか。戦時体制へと向かう戦前から、国家総動員体制となった戦中、敗戦を経て飢えと貧困にあえいだ戦後前半、そして高度成長期の戦後後半へと至る激動の六四年間。それはいわば日本が国家として自立を目指し、挫折し、再起する過程であり、そのなかで培われた土壌は現代もなお息づいている。未完の過去を、第一人者が一望にする昭和史の決定版。

この本の目次

第1章 昭和の幕開け―改元時点の日本(植民地を持つ「帝国」
憲法と国家と政治 ほか)
第2章 混沌の時代―1926‐1937(昭和恐慌
田中義一内閣の迷走 ほか)
第3章 戦争の時代―1937‐1945(日中戦争の勃発
苦境に陥る日本 ほか)
第4章 民主化と復興―1945‐1960(日本敗戦と世界
戦後政治と戦争責任 ほか)
第5章 成長と成熟―1960‐1989(自民党単独政権の継続
高度成長の軌跡 ほか)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可