兵隊になった沢村栄治 ─戦時下職業野球連盟の偽装工作

山際 康之

沢村栄治はなぜ戦地に追いやられたか。そしてその悲劇を繰り返さぬための「偽装」とは? 知られざる戦時下の野球界を初めて描き出す。

兵隊になった沢村栄治 ─戦時下職業野球連盟の偽装工作
  • シリーズ:ちくま新書
  • 定価:本体880円+税
  • Cコード:0275
  • 整理番号:1191
  • 刊行日: 2016/06/06
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:288
  • ISBN:978-4-480-06900-9
  • JANコード:9784480069009

この本の内容

ベーブ・ルースをきりきり舞いさせるなど活躍し、将来を嘱望されるも、三度も出征し落命した悲運の投手・沢村。彼は何を考え、戦地に赴いたのか。本書は人間・沢村を描くとともに、当時の野球関係者の興味深い動きを描き出していく。表向きは時局に迎合し戦争に協力するかのように「偽装」しつつ、職業野球連盟は沢村の悲劇を繰り返さぬよう、野球界や選手らを守ったのだ。その工夫とはいかなるものだったか。知られざる戦時下の野球界を、資料の綿密な分析から再構成する。

この本の目次

序章 外交野球
第1章 職業野球はじまる
第2章 軍服を着た選手
第3章 迷走する連盟
第4章 軍を欺け
第5章 連盟を存続せよ
第6章 戦火の運命

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可