不平等を考える ─政治理論入門

齋藤 純一

格差の拡大がこの社会に致命的な分断をもたらしている。不平等の問題を克服するため、どのような制度を共有すべきか。現代を覆う困難にいどむ政治哲学の基本書。

不平等を考える ─政治理論入門
  • シリーズ:ちくま新書
  • 定価:本体880円+税
  • Cコード:0231
  • 整理番号:1241
  • 刊行日: 2017/03/06
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:288
  • ISBN:978-4-480-06949-8
  • JANコード:9784480069498

この本の内容

この二〇年あまり、多くの国で格差の拡大が進んだ。経済は停滞し、国家の再分配政策も機能していない。そうしたなか、所得の低下に苦しむ人々の不安や怒りが、政治を大きく動かし、社会の分断をさらに深めている。いま、この不平等の問題を克服するためにどう考えればいいのか。本書では、私たちが尊重すべき「平等な関係」とは何かを根底から問いなおし、そうした社会を可能にするための制度を構想する。カント、ロールズ、セン、ハーバーマスらの議論を糸口に、現代の最難問にいどむ、政治思想の新たな基本書。

この本の目次

第1部 平等な関係(市民としての平等な地位
制度への不信
公共的価値
承認と連帯
連帯と社会統合)
第2部 社会保障と平等(社会的・経済的不平定への対応
社会的連帯とその理由
自律の保障
福祉国家の諸問題
社会保障の新たな構想
社会保障と政治経済)
第3部 デモクラシーと平等(デモクラシーにおける市民
民主的な正統化と理由の検討
熟議の制度
マス・デモクラシーと熟議
政治参加と代表の諸形態)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可