憲法サバイバル ─「憲法・戦争・天皇」をめぐる四つの対談

ちくま新書編集部 編集

施行から70年が経とうとしている日本国憲法。改憲論議も巻き起こり、改めてそのあり方が問われている。問題の本質はどこにあるのか?憲法をめぐる白熱の対談集

憲法サバイバル ─「憲法・戦争・天皇」をめぐる四つの対談
  • シリーズ:ちくま新書
  • 定価:本体780円+税
  • Cコード:0232
  • 整理番号:1250
  • 刊行日: 2017/04/05
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:224
  • ISBN:978-4-480-06953-5
  • JANコード:9784480069535

この本の内容

いま、憲法は様々な視点から議論されている。すでに時代状況にあわなくなったから改正すべきという動きがある一方で、平和憲法としての価値をまもり通すべきという意見もある。日本国憲法はその成立過程を考えると、「戦争」とどうしても切り離すことはできない。また、「憲法」と「戦争」をつなぐものとして、天皇制も議論の俎上にあがっている。時代の節目に立たされている私たちがこれらの問題について考えるための対談を収録した一冊。

この本の目次

第1章 憲法と歴史の交差点(山田風太郎の描いた幸徳秋水
君主制原理の矛盾 ほか)
第2章 戦後の憲法の役割(九条の会はいかにしてできたのか
自民党の系譜 ほか)
第3章 これからの「戦争と平和」(「戦争と平和」はどこが間違っているのか
「平和」と言いすぎると戦争になってしまう? ほか)
第4章 本当の天皇の話をしよう(意外な二人が天皇について話す
国体は生き残ったのか? ほか)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可