経済学講義

飯田 泰之

ミクロ経済学、マクロ経済学、計量経済学の主要3分野をざっくり学べるガイドブック。体系とシステムを理解して、経済学の思考法のエッセンスをつかみとろう!

経済学講義
  • シリーズ:ちくま新書
  • 定価:本体830円+税
  • Cコード:0233
  • 整理番号:1276
  • 刊行日: 2017/09/05
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:240
  • ISBN:978-4-480-06985-6
  • JANコード:9784480069856
飯田 泰之
飯田 泰之

イイダ ヤスユキ

1975年生まれ。エコノミスト。明治大学政治経済学部准教授。東京大学経済学部卒業後、同大学院経済学研究科博士課程単位取得。内閣府規制改革推進会議委員などを兼任。主な著書に、『経済学講義』(ちくま新書)、『これからの地域再生』(編著・晶文社)、『マクロ経済学の核心』(光文社新書)、『歴史が教えるマネーの理論』(ダイヤモンド社)などがある。

この本の内容

経済学はビジネスや生活、あらゆる局面に応用可能な学問です。その一方で、わかりづらい学問でもあります。「何にでも応用できる」ために、「何に使えるのかがわからない」のです。本書は、初学者が経済学を学ぶにあたって必要な基礎知識をざっくりと解説しています。ミクロ経済学、マクロ経済学、計量経済学の主要三分野を一望し、その要点を一挙に学べるガイドブックです。

この本の目次

第1部 ミクロ経済学(競争市場の需要と供給―自由主義経済の効率性を証明する
独占と市場の失敗―経済政策が必要な場所を見つけよう
新しいミクロ経済理論―人間行動のリアルを考えるために)
第2部 マクロ経済学(マクロ経済の数字―計器なくして飛行機は操縦できない
世界大恐慌から脱出するための経済学
失業とインフレーション―経済学の二大目標に「折り合い」をつける)
第3部 計量経済学(統計的思考の基礎―「ふつう」って何ですか
回帰分析―経済理論の賛否を確かめるための経済学)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可