いちばんやさしい美術鑑賞

青い日記帳

「わからない」にさようなら! 1年に300以上の展覧会を見るカリスマブロガーが目からウロコの美術の楽しみ方を教えます。アートファン必読の書。

いちばんやさしい美術鑑賞
  • シリーズ:ちくま新書
  • 定価:本体920円+税
  • Cコード:0270
  • 整理番号:1349
  • 刊行日: 2018/08/06
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:264
  • ISBN:978-4-480-07152-1
  • JANコード:9784480071521

この本の内容

「何を見たらいいのかわかりません!」―そんな美術鑑賞にさようなら!これからはもう一歩作品に踏み込みましょう。しかも超簡単!「上手さを知るには手を観る」「プレートは必ず読む」「誰かと一緒に観に行く」「評価のチェックリストを作る」…。1年に300以上の展覧会に足を運ぶカリスマ・アートブロガーが、美術の本質を見極めながら、広くて深くてしなやかな美術鑑賞法を教えます。

この本の目次

西洋美術を観る(聞いたこともない画家の作品を鑑賞する時は―グエルチーノ“ゴリアテの首を持つダヴィデ”(国立西洋美術館)
フェルメールは何がすごいのか?―フェルメール“聖プラクセディス”(個人蔵、国立西洋美術館に寄託)
作品の世界に溺れて観てみよう!―モネ“睡蓮”(DIC川村記念美術館)
なぜセザンヌは「近代絵画の父」なのか?―セザンヌ“サント=ヴィクトワール山とシャトー・ノワール”(ブリヂストン美術館)
使う場面を想像しながら観る―ガレ“蜻蛉文脚付杯”(サントリー美術館)
これが名画?はい、そうです!―ピカソ“花売り”(ポーラ美術館)
美術鑑賞は格闘技だ!―デュシャン“彼女の独身者たちによって裸にされた花嫁、さえも”(東京大学駒場博物館))
日本美術を観る(水墨画を味わうために―雪舟“秋冬山水図”(冬景)(東京国立博物館)
教科書に出ている狩野派の味わい方―狩野永徳“桧図屏風”(東京国立博物館)
デザインを語るなら観ておくべし―尾形光琳“燕子花図屏風”(根津美術館)
「なぜその作品を作ったか」で観る―伊藤若冲“動植綵絵”(三の丸尚蔵館)
観られない作品ほど観たい―曜変天目(静嘉堂文庫美術館)
今、話題の超絶技

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可