モンゴル人の中国革命

楊 海英

内モンゴルは中国共産党が解放したのではない。清朝、国民党、共産党と草原の民はいかに戦い、敗れたのか。日本との関わりを含め総合的に描き出す真実の歴史。

モンゴル人の中国革命
  • シリーズ:ちくま新書
  • 定価:本体940円+税
  • Cコード:0222
  • 整理番号:1364
  • 刊行日: 2018/10/04
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:320
  • ISBN:978-4-480-07182-8
  • JANコード:9784480071828
楊 海英
楊 海英

ヤン ハイイン

1964年南モンゴル・オルドス高原生まれ。静岡大学人文社会科学部教授。北京第二外国語学院大学日本語学科卒業。専攻は文化人類学。博士(文学)。著書に『「中国」という神話』(文春新書)、『墓標なき草原――内モンゴルにおける文化大革命・虐殺の記録』(岩波書店・司馬遼太郎賞受賞)、『日本陸軍とモンゴル』(中公新書)、『逆転の大中国史』(文藝春秋)など多数。

この本の内容

モンゴルの南、内モンゴル地方。十九世紀末から中国の植民地となったこの地に日本が現れ、その三分の二が実質的に満洲国の一部となるが、残り三分の一のオルドス地方は国民党支配下にとどまった。そこへ毛沢東が現れ、抗日と反共の間で揺れるオルドスをやがて悲劇が見舞う。日本の敗北にともない起きた国共内戦、中国共産党革命によって内モンゴル全体が蹂躙されていく―。諸勢力間で翻弄された草原の人々の激動の歴史を、その地を故郷とする歴史人類学者が鮮やかに描き出す。

この本の目次

第1章 清朝は遠くなりにけり―雪花如意・蘆占魁・出口王仁三郎
第2章 赤い都市と赤い英雄―日本統治時代のモンゴル
第3章 赤い太陽と「草原の黒い霧」―中国共産党の内モンゴル占領
第4章 万里の長逃―中国共産党によるモンゴル分断
第5章 草原に咲くピンクの花―中国共産党とアヘンの侵入
第6章 呪われた蒋介石と毛沢東―国民党と共産党のはざまで
第7章 天運尽きて、時勢に流るる―モンゴル人自決運動の挫折
第8章 エーデルワイスに散る―モンゴルを滅ぼした大量虐殺
第9章 女たちの「革命」

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可