チベット仏教入門 ─自分を愛することから始める心の訓練

吉村 均

生と死の教えが世界的に注目されるチベット仏教の正統的な教えを解説。必要最小限の知識を紹介し、教えの本質をやさしく説き明かす。

チベット仏教入門 ─自分を愛することから始める心の訓練
  • シリーズ:ちくま新書
  • 定価:本体900円+税
  • Cコード:0215
  • 整理番号:1370
  • 刊行日: 2018/11/05
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:304
  • ISBN:978-4-480-07191-0
  • JANコード:9784480071910
吉村 均
吉村 均

ヨシムラ ヒトシ

1961年東京生まれ。東京大学文学部卒業。東京大学大学院人文科学研究科博士課程修了。チベットの諸師より顕密の教えを学ぶ。現在、公益財団法人中村元東方研究所専任研究員。お茶の水女子大学・宇都宮大学・東洋大学・明治学院大学・東京女子大学非常勤講師。専門は日本倫理思想史、仏教学。著書『神と仏の倫理思想〔改訂版〕』(北樹出版)、『現代仏教塾1』(共著、幻冬舎)、『道・身心・修行』(共著、理想社)、『サンガジャパンvol.25 特集原始仏典』(共著、サンガ)など。

この本の内容

チベットの仏教はいま世界的に深く浸透しつつある。とくにその生と死の教えに関心が向けられている。チベットの伝統は古い形の仏教を残しており、それが現代の諸問題に対応しうるものとして大きく注目されているのだ。チベットにおける仏教の正統的な教えを解説した初めての入門書。最初に必要最小限の知識を紹介したうえで、それを踏まえて仏教の実践へと進めるように、教えの本質をやさしく説き明かす。読者を、チベットに今も残る仏教の豊かで深い心の世界へと誘う。

この本の目次

序 なぜ世界でチベットの教えが関心を持たれているのか?
第1章 チベットの仏教の歴史―日本との対比
第2章 仏教の要点
第3章 伝統仏教学のすすめ
第4章 ラムリム(菩提道次第)とロジョン(心の訓練法)―仏教の学習と実践の心髄
第5章 仏教の実践
第6章 密教入門
第7章 私のチベット仏教体験―旅の思い出
補 「グルイズム」とオウム真理教事件

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可