武器としての世論調査 ─社会をとらえ、未来を変える

三春 充希

「新聞よりも、回答数が多いネットの世論調査のほうが正確」なんて思っていませんか? 世論調査の正しい読み方を身に付け、社会の真の姿に迫っていきましょう。

武器としての世論調査 ─社会をとらえ、未来を変える
  • シリーズ:ちくま新書
  • 定価:本体1,000円+税
  • Cコード:0236
  • 整理番号:1414
  • 刊行日: 2019/06/05
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:272
  • ISBN:978-4-480-07221-4
  • JANコード:9784480072214

この本の内容

内閣支持率が高い地域では宗教信仰率が高い。野党支持は若年層で伸び悩み。世論調査の見方を知り、精緻に分析していけば、こんなことがわかります。この社会に窮屈さを感じている人も、あなた自身の考えが政治に反映されないことが不満で「世論調査は捏造だ」と考えている人も、この本を読んでみてください。世論調査は、社会をとらえ、未来を変えるための武器です。どの地域に住む、どんな人が、どの政党を支持しているのか、一緒に見ていきましょう。そして彼らに働きかけ、この社会を変える方法を考えてみませんか。

この本の目次

1 世論調査(世論調査の勘違い
世論調査を総合して見えてくるもの
政策への賛否を読む
世論調査の限界)
2 データでとらえる日本の姿(地域が持つ特色
時代に生きる人々)
3 選挙と世論(政治参加の一つとしての選挙
選挙はどのように世論を反映するのか
情勢報道の読み方)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可