植物はおいしい ─身近な植物の知られざる秘密

田中 修

季節ごとの旬の食材植物から驚きの新品種、香りの効能、認知症予防まで、「食べる植物」の「すごい」「おもしろい」「ふしぎ」な話題を豊富にご紹介します。

植物はおいしい ─身近な植物の知られざる秘密
  • シリーズ:ちくま新書
  • 定価:本体820円+税
  • Cコード:0245
  • 整理番号:1425
  • 刊行日: 2019/08/05
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:256
  • ISBN:978-4-480-07245-0
  • JANコード:9784480072450
田中 修
田中 修

タナカ オサム

学術博士(東京大学)。1958年、東京生まれ。1982年東京大学法学部卒業、大蔵省入省。1996年から2000年まで在中国日本国大使館に勤務。帰国後、財務省主計局主計官、信州大学経済学部教授、内閣府参事官等を経て、2010年より財務総合政策研究所副所長、2016年より国税庁税務大学校長を兼務。2008年より東京大学政策ビジョン研究センター客員研究員。著書に『スミス、ケインズからピケティまで 世界を読み解く経済思想の授業』(日本実業出版社)、『2011〜2015年の中国経済――第12次5ヵ年計画を読む』(蒼蒼社)、『検証 現代中国の経済政策決定――近づく改革開放路線の臨界点』(日本経済新聞出版社、2008年アジア・太平洋賞特別賞受賞)等がある。

この本の内容

私たちは、毎日、いろいろな野菜や果物、穀物を食べています。本書では季節ごとの旬の食材植物から、驚きの新品種、香りの効能、認知症予防まで「食べる植物」について「すごい」「おもしろい」「ふしぎ」と感じる「おいしい話題」を豊富に紹介します。植物たちのかしこさ、生きるためのしくみの巧みさ、私たちの健康にもたらす効能など、食材植物たちがもつ楽しい資質を、ラジオなどでおなじみの植物博士が、平明にやさしく解説する一冊です。

この本の目次

第1章 夏に話題の植物
第2章 秋に話題の植物
第3章 冬に話題の植物
第4章 春に話題の植物
第5章 おコメの戦国時代
第6章 新品種で話題の植物たち
第7章 香りが話題の植物
第8章 認知症を予防する植物たち
おわりに―キノコの話題

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可