習近平の中国経済 ─富強と効率と公正のトリレンマ

石原 享一

対米貿易戦争と成長鈍化で中国経済は重大な転機を迎えている。なぜ改革は行き詰まっているのか。中国は凋落していくのか。中国経済の矛盾を見つめ今後を展望する。

習近平の中国経済 ─富強と効率と公正のトリレンマ
  • シリーズ:ちくま新書
  • 定価:本体780円+税
  • Cコード:0233
  • 整理番号:1431
  • 刊行日: 2019/08/05
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:224
  • ISBN:978-4-480-07248-1
  • JANコード:9784480072481

この本の内容

改革開放の開始から四〇年。いま中国経済は重大な転機を迎えている。アメリカとの貿易戦争と成長の鈍化。習近平や李克強の指導する現政権下では、富強と効率と公正という三つの原理のトリレンマにより、改革が踏み惑っている。今後、中国はさらに飛躍を遂げ、国民統合と社会の安定が進むのか、それとも各種の社会経済的矛盾が激化して社会の混乱や政情不安をもたらすのか。長年にわたって中国経済を見つめてきた著者が、矛盾に満ちた経済発展史と今後進むべき道筋を解説する。

この本の目次

第1章 改革開放四〇年の経済と社会―転換期の構造矛盾
第2章 逡巡する中国の制度改革―富強と効率と公正のトリレンマ
第3章 食品安全と企業文化―市場経済の規範を確立することができるか
第4章 農村改革と農村土地政策―「三農問題」にどう向き合うか
第5章 新疆ウイグル自治区の経済構造―国家と市場と民族共生のトリレンマ
第6章 中国の対外経済戦略と日米中関係―日本にアジア・ビジョンはあるか

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可