二重国籍と日本

国籍問題研究会 編集

国の怠慢と非寛容な国籍法が原因で、自覚のないまま二重国籍者になったり、国籍を剥奪されたり、無国籍者に陥る悲劇が発生している。どこに問題があるか。

二重国籍と日本
  • シリーズ:ちくま新書
  • 定価:本体820円+税
  • Cコード:0232
  • 整理番号:1440
  • 刊行日: 2019/10/07
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:240
  • ISBN:978-4-480-07257-3
  • JANコード:9784480072573

この本の内容

人は親や出生地を選べない。ますます多元的になる社会で、複数の国籍を持つ人は必然的に増えていく。蓮舫氏問題で脚光を浴びた「二重国籍」だが、国籍法の運用は旧態依然かつ不透明で、ナショナリズムに絡めた一方的なバッシングも目立った。外国出身者を親に持つ有望なスポーツ選手へ送られる拍手喝采の大きさとは、あまりにも対照的だ。国籍法の規定で外国居住の日本国民が国籍を剥奪される「悲劇」に抵抗する訴訟も起きている。国籍と日本人。私たちはどう考えればいいのか。いま、国民的議論が求められている。

この本の目次

大坂なおみ選手が直面する国籍問題
第1部 蓮舫氏問題を考える(メディアの迷走
あらわになった国籍法の矛盾
国際結婚と国籍
「日台ハーフ」の中華民国国籍)
第2部 国籍と日本人(日本国籍の剥奪は正当なのか
国籍をめぐる世界の潮流
国籍法の読み方、考え方)
国籍に向き合う私たち

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可