山口組の平成史

山之内 幸夫

ヤクザの代名詞・山口組。その組織・人・活動の実態は平成の31年間でどう変わったのか。元顧問弁護士がバブル期の経済ヤクザから、分裂の現在までを明かす

山口組の平成史
  • シリーズ:ちくま新書
  • 定価:本体820円+税
  • Cコード:0236
  • 整理番号:1472
  • 刊行日: 2020/01/06
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:240
  • ISBN:978-4-480-07277-1
  • JANコード:9784480072771

この本の内容

史上最悪の抗争といわれる山一抗争での山口組四代目組長暗殺。そして平成とともに誕生した五代目山口組。時あたかもバブル経済。その裏仕事を請け負って跳梁跋扈した金満ヤクザ。しかし、その反動は大きく暴力団対策法が制定され、ヤクザ社会は厳しい時代を迎える。ヤクザにとって平成の時代は天国で始まり、地獄で終わったといえる。この間に起きた、宅見若頭暗殺事件、暴力団排除の強化、そして分裂などを、元顧問弁護士の立場から解き明かす。

この本の目次

序章
第1部 平成前夜 五代目山口組誕生まで(ヤクザという“生き方”
山口組保守本流の系譜と伝統
田岡の死と山口組の混乱期 ほか)
第2部 五代目山口組 平成前期(1989〜2005)(空前のバブル経済と五代目山口組
民暴が激変させた社会環境
ヤクザ社会を変貌させた「暴対法」 ほか)
第3部 六代目山口組 平成後期(2005〜2019)(六代目体制の幕開け
平和共存への希求
戦争と平和 ほか)
終章

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可