歴史人口学事始め ─記録と記憶の九〇年

速水 融

2019年に逝去した歴史人口学の泰斗・速水融の遺著。欧州で歴史人口学と出会い、日本近世経済史の知られざる姿を明らかにした碩学が激動の時代を振り返る。

歴史人口学事始め ─記録と記憶の九〇年
  • シリーズ:ちくま新書
  • 定価:本体1,000円+税
  • Cコード:0220
  • 整理番号:1475
  • 刊行日: 2020/02/05
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:336
  • ISBN:978-4-480-07299-3
  • JANコード:9784480072993

この本の内容

若き日のヨーロッパ留学で歴史人口学と不意に出会い、やがて宗門改帳を使った人口動態調査や「勤勉革命」の提唱で世界的に評価されるまでに至った著者が、幼少期からの体験と日本の歴史人口学成立事情を振り返る。戦中の勤労動員、敗戦後の混乱、中東旅行での歴史観の転換、ヨーロッパの先端研究の導入、網野善彦や梅原猛との出会い、時刻表をヒントにしたデータシートの考案など、九〇年間の学問人生を回顧し、人口減少社会の未来を考察する。急逝した碩学の最後のメッセージ。

この本の目次

1 誕生から中学まで―一九二九〜一九四五
2 終戦―一九四五〜一九四八
3 大学入学から常民研まで―一九四八〜一九五三
4 歴史人口学との出会い―一九五三〜一九六四
5 宗門改帳との出会いと「BDS」の考案―一九六四〜一九八九
6 人口減少社会における研究の展開―一九八九〜二〇一九

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可