正史 三国志 2 ─魏書2

陳寿 著 , 裴松之 その他 , 井波 律子 翻訳 , 今鷹 真 翻訳

魏書第七〜第十三を収録。曹操のライバル、呂布や陶謙、一族の武将、曹仁・曹洪や夏侯惇、ブレーンの筍{@F159}や筍攸が登場する。
【解説: 吉川忠夫 】

正史 三国志 2 ─魏書2
  • シリーズ:ちくま学芸文庫
  • 定価:本体1,500円+税
  • Cコード:0122
  • 整理番号:チ-1-2
  • 刊行日: 1993/01/07
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:544
  • ISBN:4-480-08042-2
  • JANコード:9784480080424

この本の内容

魏の武帝曹操は、蜀の劉備や呉の孫権よりも遥かにスケールの大きい人間であった。彼には乱世を生き抜く知力とバイタリティー、決断力があり、さらに人を引きつけ受け入れる磁力と度量があった。文武両面の人材を擁しえた所以である。本冊には「魏書」第七から第十三まで、すなわち曹操初期のライバル、呂布や陶謙、曹氏一族の武将、曹仁・曹洪や夏候淳、知識人の名ブレーン、鐘〓@5EE6らの伝を収める。

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可