道化の民俗学

山口 昌男

あるべき知の具現者としての道化を博引旁証によって描き出し、創造的混沌の世界への回帰を訴える山口道化学の記念碑的著作。

道化の民俗学
  • シリーズ:ちくま学芸文庫
  • 定価:本体1,262円+税
  • Cコード:0174
  • 整理番号:ヤ-3-1
  • 刊行日: 1993/03/05
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ISBN:4-480-08047-3
  • JANコード:9784480080479
山口 昌男
山口 昌男

ヤマグチ マサオ

1931年生まれ。東京外国語大学名誉教授。2013年没。

この本の内容

アルレッキーノが、ヘルメスが、クリシュナが天空を飛び交い、地上を跳ね回る―。狂言における太郎冠者のイメージとアルレッキーノに象徴される西欧のファルスの伝統を媒介し、あるべき知の具現者としての道化を描き出すべく、知的情熱に裏打ちされた博引旁証が交錯する。創造的混沌の世界への回帰を訴え、70年代以降の知的状況の出現を高らかに告げた山口道化学の記念碑的著作。

この本の目次

第1章 アルレッキーノの周辺
第2章 アルレッキーノとヘルメス
第3章 アフリカ文化と道化
第4章 黒き英雄神クリシュナ
第5章 アメリカ・インディアンと道化の伝統

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可