ニーチェ全集11 ─善悪の彼岸 道徳の系譜

フリードリッヒ・ニーチェ 著 , 信太 正三 翻訳

道徳と宗教の既成観念を撃つニーチェの思想の円熟期を代表する重要作『善悪の彼岸』とその終楽章ともいうべき『道徳の系譜』。
【解説: 信太正三 】

ニーチェ全集11 ─善悪の彼岸 道徳の系譜
  • シリーズ:ちくま学芸文庫
  • 定価:本体1,800円+税
  • Cコード:0110
  • 整理番号:ニ-1-11
  • 刊行日: 1993/08/05
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:672
  • ISBN:978-4-480-08081-3
  • JANコード:9784480080813
フリードリッヒ・ニーチェ
フリードリッヒ・ニーチェ

ニーチェ,フリードリッヒ

(1844−1900)旧来の西洋哲学・文化に激しい攻撃を加え、20世紀思想に決定的な影響を与えた哲学者。主著は『悲劇の誕生』『ツァラトゥストラ』『この人を見よ』等。

この本の内容

大きな期待をもって世に送りだした『ツァラトゥストラ』の不評に心を痛めるニーチェ。『善悪の彼岸』は誤解と歪曲から自己の思想を救う意図をこめて、その一種の注釈書として著わされた。本書では、19世紀ヨーロッパの道徳と宗教の価値が厳しく問われ、いわゆる〈客観性〉〈歴史的感覚〉〈科学性〉〈同情〉という近代的信仰の対象物が鋭い批判のメスで解剖されている。ニーチェの哲学の円熟期を代表する重要な著作の一つである『善悪の彼岸』、その終楽章ともいうべき『道徳の系譜』の二作品を収録する。

この本の目次

善悪の彼岸(哲学者の先入見について
自由なる精神
宗教的なるもの
箴言と間奏曲
道徳の博物学について
われわれ学者たち
われわれの徳
民族と祖国
高貴とは何か
高峰より)
道徳の系譜(「善と悪」、「よい〈優良〉とわるい〈劣悪〉」
〈負い目〉、〈良心の疚しさ〉、およびその類いのことども
禁欲主義的理想は何を意味するか?)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可