南方熊楠随筆集

南方 熊楠 著 , 益田 勝実

2008年春、復刊。

博覧強記にして奔放不羈、稀代の天才にして孤高の自由人・南方熊楠。この猥雑なまでに豊饒な不世出の頭脳のエッセンス。
【解説: 益田勝実 】

南方熊楠随筆集
  • シリーズ:ちくま学芸文庫
  • 定価:本体1,300円+税
  • Cコード:0139
  • 整理番号:ミ-3-1
  • 刊行日: 1994/01/10
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:496
  • ISBN:4-480-08110-0
  • JANコード:9784480081100
南方 熊楠
南方 熊楠

ミナカタ クマグス

1867年和歌山県生まれ。生物学者・民俗学者。幼少の頃より和漢の古典を書写する。1886年渡米して地衣類・菌類を研究。1892年には渡英して大英博物館で生物学・民俗学の研究を深める。1900年に帰国した後は、和歌山県田辺に住み、菌類、特に粘菌類の研究を続ける一方、民俗学の論文を多数発表、また神社合祀反対運動を起こすなど、在野の人として多方面に活躍した。1941年没。『南方熊楠全集』全12巻がある。

この本の内容

博覧強記にして奔放不羈、稀代の天才にして孤高の自由人・南方熊楠。本書は、猥雑なまでに豊饒なこの在野の国際的生物学者・民俗学者の精髄を伝える論文・エッセイ・書簡を精選し、博引される漢籍仏典を読み下し文にし、表記を現代風に改めて一冊に収めた、南方熊楠の世界への最良・最適のガイドブック。

この本の目次

履歴書
人柱の話
巨樹の翁の話
今昔物語の研究
西暦九世紀の支那書に載せたるシンダレラ物語
伝吉お六の話
猫一疋の力に憑って大富と成りし人の話
虎に関する史話と伝説民俗
田原藤太龍宮入りの話
ダイダラホウシの足跡
涅歯に就て
無言貿易
針売の事
神社合祀問題関係書簡

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可